リモート海外留学。世界と繋がろうクラスライブオンラインスクール

お気軽にお問い合わせください
営業時間:月曜〜土曜日11:00 – 19:00

英検準2級 作文対策マニュアル

実用英語技能検定(以下英検)の3級以上には、1次試験に英作文が出題されます。出題されるのはたったの1問に過ぎませんが、配点はなんと全体の3分の1をも占めるためとても重要なものです。

単語や長文、リスニング問題が仮に満点だったとしても、作文が0点では合格不可能なのです。

英検受験者、特に低年齢ほど英文で書くという行為に慣れておらず、どうしても必要最低語数である50語に届かない、どういう形式で書いていいのかわからない、そもそも単語が書けない、アイデアが浮かばないなど多くの質問を教え子から受けてきました。

この記事では、英検準2級の作文にのみ注目し、細かな書くコツ、評価されるポイントや避けるべき表現などを解説します。

1. 英検準2級の作文対策

勉強する女性

多くの英検受験者にとって、作文は大きな関門であることは事実でしょう。作文において一番大切なことは、トピックに合わせた内容を最後まで書ききることです。

 

問題形式は、

What is the best age for people to start learning English? 

のような、友人知人から聞かれるような個人的な質問に対して、2つの理由と共に50~60字で答える形式です。

 

3級ではどちらの方が良いか、と2択で聞かれることが多いのですが、準2では二者択一の質問は今のところ出題されていません。(2021年3月現在)

 

英検にチャレンジする生徒やその保護者の方々は、50~60字なんて、そんな長い英作文できるんだろうか、と心配されているかと思います。

英検の作文には部分点が存在することを念頭におき、とにかく書ききることを最初の目標としましょう。スペルミスがあっても、文法エラーがあったとしても、最後まで書ききった生徒は皆、ある程度は点数をもらえています。

 

また過去に、2行しか書かずに提出した生徒がいましたが、換算点で200点強もらえていました。逆に60文字ぴったり書いた生徒でも、テーマがそぐっていなければ容赦なく0点と評価されている生徒も見たことがあります。

 

作文は「内容」「構成」「語彙」「文法」の4つの観点から評価されており、英検5, 4, 3級で学んだ単語や文法事項を使って文を組み立てることができれば十分に高得点を狙えます。

 

 

Q “What is the best age for people to start learning English?

 

・意見
“I think three years old is the best age to start learning English.”

・理由1
“It is better for children to start learning English before they start school. They will already know the basics of reading and writing.” 

・理由2
“Also, learning English is more fun for children because they can learn English by singing songs and playing games.”

 

 

上の形は一例ですが、意見を述べるときは質問の表現をうまく使って書きましょう。今回は、”the best to start learning English.”を取り入れました。今回は文字数の都合で割愛しましたが、意見の後に、

I have two reasons.

と加えることもお勧めです。

 

また、

For these reasons, I think three years old is the best age to start learning English.

以上のような結論を最後につけてまとめるのも有効な手段でしょう。

英検協会もこの構成を推奨していますし、構成が整っているだけでもある程度以上の点数をもらえます。主張、理由1、理由2、結論の形を意識すると良いです。

 

理由を書く時に気をつける点は、ただ好きだ、便利だと書くのでは内容が薄く、評価されにくいです。何故良いのか、何が役立つのか具体例を交えて書けるように練習をしましょう。

 

最初は模範解答例を丸写ししても良いので、便利な表現やフレーズ、そのテーマに沿ったアイデアを学びましょう。作文は決して英語の力のみでどうにか切り抜けられるようなものではなく、様々な能力や知識が複合的に必要なものです。根気良く取り組みましょう。

2. 英検準2級の英作文で避けるべき注意点

質問する人

作文を書く時に気をつけるべき点の1つは、自分の主張に一貫性を持つことです。

例えば、

What season do you like the best?

という問題が出題された場合、

“My favorite season is winter because I like going skiing. But I do not like cold weather,”

のような、冬が好きなのかそうでないのか一貫性が見えない作文は、減点されます。

 

また、”kimodameshi”や”takoyaki”など日本独特で英語にすることが難しい語をローマ字で使うことは減点対象となります。英検協会は、作文で日本語を使う場合、日本語が分からない人にも理解できる内容にしなくてはならないと採点基準を発表しています。使わない方が無難でしょう。

 

繰り返しますが、最も重要なことは最後まで書ききることです。今までの教え子達は、文法ミスがあろうと、スペルミスや大文字小文字、カンマやピリオドにミスがあったとしても、しっかりと書ききれた生徒の多くは600点中450点以上取得してきました。

一番避けなければいけないことは、書き終わらないことであるという認識は必ず持っておきましょう。

最後に

今まで述べてきたことをまとめると、

・構成をしっかりと

・一貫性を持って具体的に

・最後まで書ききる

の3点です。

今まで英文を書いてきたことがない受験者にとって、英作文を書くということはとても高い壁であるということは言うまでもありません。筆が止まってしまうこともあるでしょうし、アイデアが出ても英語に直せないということもあるでしょう。

最初から自分の思ったことをそのまま英語に翻訳することは恐らく不可能です。自力で英語に直せそうなシンプルな理由と文を考え、英語に置き換えてみるという練習を繰り返し、それが難しいなら様々な模範解答例を書き写して、使えそうなフレーズや熟語、単語を盗むという練習が必要不可欠です。

しっかりと努力し準備すれば、準2級合格は決して到達不可能な目標ではありません。

受験者の皆様を応援しています。

この記事が、少しでも多くの英語学習者や保護者の方々の役に立てば幸いです。

Takashi
Takashi

TOEIC980点、VERSANT69点。

外資系製薬会社で4年間、翻訳家として勤務。その後、カナダ・オーストラリアへのワーホリを経験。現在は翻訳家、英語講師、ライターとして活動中。

まずは 無料会員登録 から

会員登録後、無料体験レッスンの受講が可能です!

株式会社ジージー(日本)
大阪本社:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-13-22 WeWork御堂筋フロンティア3F(Google Map)
東京支店:東京都渋谷区渋谷 2-24-12 WeWork渋谷スクランブルスクエア 40階(Google Map)
福岡支店:福岡県福岡市中央区大名2-1-38 The Winds Daimyo 2-2F (Google Map)

IDEA Education(フィリピン)
IDEA CEBU : A-218 City Time Square2, Mantawi International Drive, Mandaue City (Google Map)
IDEA ACADEMIA : 16F Gagfa IT Tower, F Cabahug St, Kasambagan, Cebu City (Google Map)

GG Thailand(タイ)
T-One Building, 8 Sukhumvit, 40 Alley, 20Fl. Khet Khlong Toei, Phra Khanong, Bangkok 10110(Google Map)

Goemon Group Ltd.(マルタ)
203, Tower Road SLIEMA, Malta (Google Map)

オンラインスクール・オンライン留学ならクラスライヴ

新時代のオンラインスクールで世界と繋がろう
無料体験やLINEお問合せはこちらよりどうぞ。

©2020.IDEA Education & GG Co.,Ltd. All Rights Reserved.